ーふるさとの山:眉丈山(びじょうざん)と手前は邑知潟(おうちがた)ー 


当ブログ内に掲載されているすべての記事(文章・短歌・俳句など)の無断転載、転用を禁止します。
Copyright ©空と樹と∞ All Rights Reserved.

                                         ☆ご訪問ありがとうございます☆

KAGEROU/読む

     今朝の明け残る月(5時)はとてもきれいでした。
     連日の朝夕の富士山も神々しく、心が洗われる思いがします。
 

KAGEROU   齋藤智裕著、『KAGEROU』を読んだ。
   臓器移植を軸に、人間の生と死に焦点をあてた
   重い内容。 だが、四十歳の主人公ヤスオの軽
   さが気になった。今どきの四十の男性はこんな
   感じなのかなぁ。
   全体に会話文が多く読みやすくて肩がこらな
   い。最後の方の展開は面白かった。ただ、既視
   感があるような、ないような‥‥?
           刊行:ポプラ社 2010年12月15日  
  
 
  昨年の暮から何かと話題の一書。
  そういえば、最近、短歌関係以外の本を読むことが少なくなりました。
  かといって、短歌の本もそんなに読んでいるわけではないのですが。
  
KAGEROU
    ↑ 表紙は白地に青の文字。シンプルで素敵です。
 
 
              カバー、帯つきの画像はこちら。→
 
 
                      (2画像ともクリックしていただくと大きな画像になります)


カレンダー
最新記事
カテゴリー
アーカイヴ
 
全記事表示リンク
全ての記事を表示する
プロフィール

游(ゆふ)

Author:游(ゆふ)
いらっしゃいませ♪
ン十年前はこんな風でした。
  (少しおまけあり♪)
好きな文字 「樂・游」
樂をして楽しく
游ぐように遊びたい。
「音」所属

 
 
メールはここよ♪
 

 
 

  • 游の部屋

  •  

      -Link-
     
  • ・游の読む百人一首Ⅰ

  • ・歌集『加密列』

  • ・つれづれに-葉衣句-

  • ・年間自選三十首(1)「ポケットに」

  • ・年間自選三十首(2)「あの窓の…」

  • ・エッセイ「名前の由来」

  •  
    検索フォーム


    .