ーふるさとの山:眉丈山(びじょうざん)と手前は邑知潟(おうちがた)ー 


当ブログ内に掲載されているすべての記事(文章・短歌・俳句など)の無断転載、転用を禁止します。
Copyright ©空と樹と∞ All Rights Reserved.

                                         ☆ご訪問ありがとうございます☆

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


歌評について

 
  皿の上()にひとつぶの水が光りをり梅の花びらで(すく)へるほどの
                                    河野裕子

 
 
 『わたしはここよ』は、2010年8月に亡くなられた、河野裕子さんの遺エッセイ集である。
 決して上手く言おうと思っているわけではない……。 が、〈歌の評が苦手〉
なのが、わたしの悩みの種である。そんなわたしに、目次の項、「紅白歌合」は目から鱗だった。(歌合とは歌人を左右に分け詠んだ歌を競い合う遊戯のこと。歌の優劣を決める人を、判者という)
 そこには次のようなことが書いてあった。
 
わたしはここよ・掲歌はそのときの紅白歌合に出されたお歌である。
『応援団(小説家、タレント、評論家、コピーライターたち)の中から、「これは小さな幸せを歌った歌なんです」という読みが出て、「へぇー」とびっくりする。思いもしない批評である。』
『歌人たちは、たいていの場合、ことばとことばの続き具合にこだわって批評することが多い』
『五・七・五・七・七の各句のことばとことばの関係。それが大事。そして各句をつなぐ助詞や助動詞にこだわる』

 さらに、
『ところが歌人ではない人たちの多くは、歌をまず意味で読み解こうとする傾向がつよい。人生論的に観念的に読んで、歌に意味を与えようとしがちである。
 短歌や俳句という短詩型のおもしろさは、十人いれば十とおりの読みが成立するという読みの多様性にある。』
 と続く。
 
 そうなんだー。確かにわたしは、歌をまず意味で読み解こうとするところがある。 直感的に、「あ!いいな。  これはあまり‥」などと自分の歌は棚に上げて選歌する。歌を詠んではいるけど、読みの足らないただの歌好きにすぎない。
 あぁ、こういうのを、歌詠みの歌知らず(?)というのかも。
 ……反省しきりである。
 
 
『歌合は紅組の勝ちで終わった。やはりうれしかった。』
 と結ばれていた。
 
スポンサーサイト


気楽坊

 
世の中は気楽に暮せ何ことも思へば思う思はねばこそ     後水尾天皇 
 
 
(クリックしていただくと大きな画像になります)
(写真は「紺文」さんからお借りしました)
気楽坊
  今朝の、NHKの「天上の王朝美 京都・修学院離
  宮」に紹介された歌です。
  思いどおりにならないことが重なった後水尾天皇(ご
  みずのおてんのう)は、作らせた指人形に気楽坊と
  名付け、女官にその指人形を操らせて、日々のやる
  せない気持ちをなぐさめ、文や和歌を楽しまれたと
伝えられています。
掲歌は、後水尾天皇(1596-1680)御製の歌です。


あと7日。


MerryChristmas&Happy Xmas
(クリックしていただくと大きな画像になります)

クリスマスまであと7日。
息子が5、6才の頃創ったタペストリーです。
あの頃は、欲しがっているものを、探って、プレゼントしたり
てんてこまいな日々でしたが、それはそれで愉しかった。
最近は、
静かなクリスマスを過ごしています。
はい♪ 食べることが楽しみな……。


「匂い水仙」

                        (クリックしていただくと大きな画像になります)
水仙小2
 最もポピュラーな日本水仙に比べると、数段小振りの、この、いじらしいほど小さくて愛らしい花の名は「匂い水仙」というそうです。
 贈って下さったのは友人のSさんです。
大きな箱に、他にもきよみオレンジ、甘夏、白菜菜(はくさいさいではありません。はくさい・ なです)、レモンがありました。
 レモンは、どうだ!と言わんばかりに、存在価値抜群な巨大レモンです。
 
 ひところの計画停電に振り回され、空っぽな冷蔵庫にストレスばかりを詰め込んで、凹んでいたわたしの心も、お腹も、冷蔵庫も、おかげさまで、満杯になりました。 ありがたくおいしく頂きました。 (^.^)
 
  
 
 
 
水仙小1
水仙: ヒガンバナ科 スイセン属
別名:雪中花(せっちゅうか)
   雪の中でも春の訪れを告げるので。
花言葉:「うぬぼれ」「自己愛」
福井県の県花
イギリスの国花
 
 
(クリックしていただくと大きな画像になります)
          


石川県民の歌

       石川県民の歌. <昭和34年11月3日制定>
         作詞:梅木宗一、作曲:窪田新一

           1 白山に 朝日ははえて
             青雲の はれゆくところ
             名にかおる 歴史をつぎて
             むすばれし われら県民
             躍進の 旗をかざして
             おおわが石川 ふるいおこさん


 下図は石川県の略図です。黄色い□(四角)の辺りがわたしのふるさとです。海に囲まれた地に生まれ育ったわりには、金槌です。(海まで車で30分位かかる)。

→続きを読む ☆



若い日本

にーほんはいつでもーのびるきだー
くーにーがさーくらのはなならば/ひとーりひとりがはなびらだ
かーがやくほーこりをもーっている/けだかーいりそうーをもっているー

 まったくのうろ覚えですが、元気が欲しいとき、声を張り上げて歌う歌があります。
        <国がさくらの花ならばひとりひとりが花びらだ>
 このフレーズが、わたしを励ましてくれます。
 何十年も前の歌らしく、しかも、誰に聞いても歌はもちろん、題名さえも知らないと言います。今回、思い立って、うろ覚えの上記全詩句を検索にかけてみました。
 すると、ヒットしたのです。(今まで、一部詩句しか検索しなかったのがいけなかった、のですネェ…)
 こんな事なら早くにすればよかった。(+_+)
 
  若い日本  作詞…橋本竹茂  作曲…飯田三郎
1.
   日本はいつでも若いのだ
   国がさくらの花ならば
   ひとりひとりが花びらだ
   かがやく誇りを持っている
   気高い理想を持っている
   咲こう 咲こうよ 咲きとおせ
   日本よ 日本よ われらの日本

2.
   日本はいつでも進むのだ
   国が火を吐く島ならば
   ひとりひとりが溶岩だ
   燃えたつ意気と情熱で
   世紀を超えて進むのだ
   燃えろ 燃えろよ 燃えとおせ
   日本よ 日本よ われらの日本

3.
   日本は大きく伸びる樹だ
   たまに嵐に折れたとて
   若い芽がある 枝がある
   がっちり組んで堂々と
   世界の上に伸びるのだ
   伸びろ 伸びろよ 伸びとおせ
   日本よ 日本よ われらの日本

 何故、わたしがこの歌を知ったのか、かすかな遠い日の記憶を辿ってみると、
中1のとき所属していた音楽クラブで覚えたような気がするのですが…定かではありません。(汗 

→続きを読む ☆



好きなこと

 
                   リヴィングの一角にわたしの居場所があります。
パソコン周辺写真のパソコンは2台目のWindows98。 ここには写っていませんが右側にプリンターを置いています。
 現在、パソコンとプリンターは4台目で、左側に<テ・ブ・ラ>電話(ブルーのカバー)を置き日々パソコンを楽しんでいます。
      撮影:2003年5月
 
ものを書いたり、描いたり、読んだり、詠んだり、作ったりすることが好きです。
ここから、小さな声で……
本当は、短歌よりもパソコンを使って作業することの方が好きかもしれません。 (^_^;)


KAGEROU/読む

     今朝の明け残る月(5時)はとてもきれいでした。
     連日の朝夕の富士山も神々しく、心が洗われる思いがします。
 

KAGEROU   齋藤智裕著、『KAGEROU』を読んだ。
   臓器移植を軸に、人間の生と死に焦点をあてた
   重い内容。 だが、四十歳の主人公ヤスオの軽
   さが気になった。今どきの四十の男性はこんな
   感じなのかなぁ。
   全体に会話文が多く読みやすくて肩がこらな
   い。最後の方の展開は面白かった。ただ、既視
   感があるような、ないような‥‥?
           刊行:ポプラ社 2010年12月15日  
  
 
  昨年の暮から何かと話題の一書。
  そういえば、最近、短歌関係以外の本を読むことが少なくなりました。
  かといって、短歌の本もそんなに読んでいるわけではないのですが。
  
KAGEROU
    ↑ 表紙は白地に青の文字。シンプルで素敵です。
 
 
              カバー、帯つきの画像はこちら。→
 
 
                      (2画像ともクリックしていただくと大きな画像になります)


薔薇

 

黄薔薇
(クリックしていただくと大きな画像になります)
 
われに来し黄バラ一本づつにある意志といふもの花束なせり   游
 
たいせつにくるまれて来し黄のバラの(あはひ)にきみがこころ見出でつ   游




 
岐阜高山に住む歌友から
薔薇の花束がおくられてきました。
赤や白やピンクとちがって、
この橙色にはエネルギッシュな前向きな力を感じます。
ありがとうございます。いっぱい元気をいただきました。
 
 

 
 
薔薇
    (クリックしていただくと大きな画像になります)


秋の七草

 秋の七草を調べていて、山上憶良が詠んだ次の2首がその由来とされている と、いうことを知りました。
 
[秋の七草は、春の七種と違い何かをする行事は特にない。眺めて楽しむもの]
   
  秋の野に咲きたる花を(および)折りかき数ふれば七種の花
 
 
  萩の花 尾花 葛花 なでしこの花 をみなへし また藤袴 朝顔の花

 
 
 2首目は、秋の七草を旋頭歌形式(五・七・七・五・七・七)で詠っている。
「朝顔」は現在のアサガオではなく、桔梗(ききょう)、むくげ等ではないかとの説がある。

 
 
 
Photo:游
秋の七草
藤袴(ふじばかま)キク科/尾花(おばな:薄(すすき)のこと)イネ科/桔梗(ききょう)キキョウ科


 

Photo:「季節の花 300」 http://www.hana300.com
秋の七草
萩(はぎ)マメ科/女郎花(おみなえし)オミナエシ科/撫子(なでしこ)ナデシコ科/葛(くず)マメ科



彼岸花


彼岸花   Photo:游
曼珠沙華
《クリックしていただくと大きな画像になります》


 
  9月23日は秋の彼岸。彼岸といえば彼岸花、彼岸花には異名が多く、死人花(西日本) 幽霊花(上総) 地獄花(伊勢) 天蓋花 等と、あまりよい呼び名がついていない。 別名の曼珠沙華は、仏教でいう赤い花。天上に咲くという想像上の花の名であるという。
 
 また、「葉不レ見花不レ見(はみずはなみず)」 といわれるように、花は葉のない状態で咲き、花が終わり冬になると、「きつねのかみそり」状の緑の葉が叢生する。 が、翌春の三月頃には枯れてしまう。
 
 かつて飢饉の時の食料にと中国から移入されたという彼岸花。球根には猛毒が含まれているが、昔、旅人は球根を保存食として携え、その途に食した。水にさらしてアク抜きをし毒を消すと大切なデンプン源となるそうで、食べ残しは捨てられ、それで、各地に点在するようになったそうである。
 
「アマリリス 夏水仙 水仙」と同じ仲間なのに、その不思議な習性故か、呼び名のイメージからくるものか、華やかな花なのに人を遠ざけてしまう。
 
 わたしは、二色(ふたいろ)しか色をもたない単純明快なこの花が好きです。
 


 
 
 
鉢に植えて育てたわが家の彼岸花
曼珠沙華
芽が出て       伸びて      花盛り        枯れて        葉が



葛の花

      くずの花   田中 冬二 (1894/10〜1980/4)

      ぢぢいと ばばあが
      だまって 湯にはひつてゐる
      山の湯のくずの花
      山の湯のくずの花
<
                         黒薙温泉
                                   『青い夜道』
 
 

    葛の花むかしの恋は山河越え    鷹羽 狩行
                          
(たかは しゅぎょう-1930/10〜)
 
 
 
 葛の花を詠んだ歌がありました。 その歌をどうしても読み解けません。 或る人の 「夏の終わりの葛って狂うように生い茂ってますから」 のコメントに、あっ! と思いました。
 そういえば、わたしは萩の花は知っていますが葛の花は知らないのです。 たぶん、故郷の地で見たことがあるのだろうけど 「これが葛の花だ!」 といいきる自信がありません。 で、調べてみました。 
 なんとなく、萩は可憐で葛は凄み?があるように感じました。
 

Photo:「季節の花 300」 http://www.hana300.com
   
萩の花                   葛の花

 
 <葛の習性は動物的である。木や草に絡まり、地を這い、風に騒ぎ、嵐にのたうつ。引けば全山がゆらりと動きそうな重量感がある。
どこまでも繁茂し、山野を覆い尽くさんばかりの強靭な生命力、そのしたたかさは立ちはだかる山も河もものともせずに逢瀬へと急ぐ若者の一途さ・強さをイメージさせる。>
 
 
 上記(狩行素描1307より引用)を読むと、先日の読み解けなかった歌が胸の中でくずれるようにほぐれていきました。
 
 また、冒頭に掲載した「田中 冬二」の詩も、「鷹羽 狩行」の俳句も、葛の花の生態を知ることで素直に頷けるのです。
   「知らないこと」 は本当にさみしいことだとしみじみ思いました。


カレンダー
最新記事
カテゴリー
アーカイヴ
 
全記事表示リンク
全ての記事を表示する
プロフィール

游(ゆふ)

Author:游(ゆふ)
いらっしゃいませ♪
ン十年前はこんな風でした。
  (少しおまけあり♪)
好きな文字 「樂・游」
樂をして楽しく
游ぐように遊びたい。
「音」所属

 
 
メールはここよ♪
 

 
 

  • 游の部屋

  •  

      -Link-
     
  • ・游の読む百人一首Ⅰ

  • ・歌集『加密列』

  • ・つれづれに-葉衣句-

  • ・年間自選三十首(1)「ポケットに」

  • ・年間自選三十首(2)「あの窓の…」

  • ・エッセイ「名前の由来」

  •  
    検索フォーム


    .











    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。